ABOUT KAOLIN

BASF社が米国ジョージア州で採掘、製造したカオリンは、見たところただの白い土ですが、多様な工業分野で幅広く使用されています。

カオリンは最初に中国で陶磁器に使用されはじめ、日本でも長年にわたり有田焼に代表される陶磁器に使用されてきました。
現在ではカオリンは塗料、コーティング、プラスチック、ワイヤやケーブルなど多くの工業分野で重要な役割を果たす工業原料として幅広く使用されています。

  • 会社概要
  • Kaolin とは
  • お問い合わせ

主な取扱製品

ASP® シリーズ

ASP® シリーズは粉砕、乾燥した含水カオリンで、コ-ティング、塗料、樹脂、ゴム、感熱紙や建築等の用途に適します。種々の粒子径、白色度の製品を準備しています。

Satintone® シリーズ

Satintone® は焼成カオリンで、コーティング、塗料、ワイヤー、ケーブル、樹脂、ゴム、建築等の用途に適する多様な品ぞろえと安定した供給を行っています。

Translink® シリーズ

Translink® は表面処理を行ったカオリンで、粒径が小さく、高輝度で樹脂やゴム用途に加え電源ケーブルにも適しています。

Mattex®

Mattex® は焼成カオリンで、高輝度、高発色性と高いマット性を持つよう設計された特殊グレードです。水性屋内用・屋外用ツヤなし塗料、油性屋内用・屋外用ツヤなし塗料に適しています。

Buca®

Buca® はグラビアインキに最適で広範囲の高分子系エクステンダーに適しています。